暖かい空気は家の中に閉じ込められない

そうなのかエア断

Answer:屋根裏に熱はありませんし
あっても床下には下がりません
下がった時には熱も下がっていると思います


Answer:熱を蓄えることは物理的にできない
と思います




まず質問1から説明します

天気のよい冬季の屋根裏温度は瞬間的に
20度前後まで上昇しますが

日中平均すると10度前後しかありません

屋根裏の暖かい空気を床下に送り込んで
コンクリートに蓄熱とありますが

そもそも日中平均の屋根裏温度は10度前後
しかないので暖かい空気とは言えないと
思います

さらに暖かい空気は上昇こそしますが
下降はしません

ダクトファンなどで強制的に床下に送り込ん
でも床下に到達する頃には温度を失っている
と思います

仮に屋根裏温度が最も上昇する正午20度前後
の空気を強制的に床下に送り込めたとしても

気体である20度前後の空気が
個体の床下コンクリートを温めるには
相当の時間が必要になります

また仮にコンクリートを温めることができた
としても温まったコンクリートはその下の
地盤に熱を伝えます



熱は冷たい方に流れるこの原理により
床下コンクリートを温めたとしても
その下の地盤面の方が冷たいので
そちらに熱は流れます

昼間蓄熱し夜間その熱を活用する
これは物理的にありえないと想定します



質問2に関して
「気密性を高めることで暖房熱を家に
蓄熱してエコな暖房を行っています」

蓄熱とは熱を蓄えることだと思います

そして蓄えるとはお金を蓄える資産を
蓄えるような、後で取り出すことが
可能な状態を蓄えると言います

このような状態で熱を蓄えることは
基本的に不可能です

熱は蓄えることができず勝手に冷たい方
に移動するものだからです

つまり気密性を高めて家が熱を蓄える
としてもその熱は勝手に冷たい方に
移動します

暖房で蓄えた熱は夜間勝手に冷たい外部
に逃げ出している



決して暖かい室内に入り込むことは
ありません

熱は自分より暖かい方には決して流れる
ことはないのですから

エア断は建物を取り囲む通気層で
エアーカーテンを形成し
熱の移動を極力抑え込みます


冷気を空気の流れで押し返すからこそ
マイナス18度酷寒の北海道でも
エアコン暖房だけで家中暖かい環境を
作り出します

参考になれば幸いです

エア断住宅についてご質問のある方は
お気軽にどうぞ↓

聞きたいことがあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました