エア断を止めると寒くなる家、稼働すると寒くなる家、その違いとは

寒い家と暖かい家の違い そうなのかエア断

この冬、不思議な現象を体験しました。

Air断というエアカーテン工法で建てた、2軒の家で起こったことです。この2軒は、ほぼ同じ大きさで同じエアカーテン断熱工法の家です。暖房もエアコン暖房。地域も似通った場所です。

真冬に、あるテストを行いました。
片方の家は、Air断を切ると換気扇のシステムが止まり、温度が低下し始めました。
もう一方の家は、逆にAir断のスイッチを入れると寒くなってきたのです。

不思議な真逆の現象です。

真逆現象、その原因とは?

この原因は、気密の工事がきっちり出来ているかどうか?にあると思われます。
細部にまで気密施工が出来ている住宅は、Air断の効果が発揮され、寒い冬になるほど暖かい家になります。(これが当たり前のことです。)
残念ながら気密性能が悪いとAir断の効果が十分に発揮されないばかりか、換気効果が逆に現れて寒さを感じてしまいます。

だからこそ気密塗料ATCを開発して、Air断住宅の新築はもちろん、エア断リノベにも使っています。

気密防水塗料ATCの詳細動画はこちら

気密防水塗料

もし、あなたが冬場にすきま風や底冷えに悩まれておられるなら【気密工事】をお勧めします。お気軽に声をかけてください。無料診断にお伺いします。(対応できない地域があります。)

家を見に来てほしい

オンライン相談を申し込む

コメント

タイトルとURLをコピーしました