中古住宅を購入してAir断リノベする

リノベーション

購入した住宅が、冬寒くて夏暑い家だと困りますよね。

エアコンの電気代や灯油などの光熱費が高いのも困ります。

もちろん、地震に弱い家でも不安ですが・・・


では、私たちが夏涼しく冬暖かく空気のきれいな家に
そして長持ちする家のエア断工事をするにあたって
どこを重点的に見ていくかを解説します。

このサイトでお判りのようにAir断はエアカーテンで
住宅をすっぽり覆います。
(エアカーテンはグラスウールの30倍の断熱)

エアカーテンで覆う通気層がちゃんとあるのか
通気層が無い場合や不足する場合の対策は?
<これが第一点目です>

外壁がサイデイング仕様で通気層がある場合も
予算が許せば現在のサイデイングを張り替える
ことをお勧めします。

外壁面に通気層が確保できても屋根面はどうでしょうか?

屋根に通気層が出来ておりエアカーテンとして
機能できればOKです。

でも、屋根に通気層が無い場合が大半です。

屋根面に新たに通気層を設けるのは屋根の
葺き替えが必要で大工事になります。

でも安心してください。

私たちは天井面に通気層を作ることができます。

だから天井裏の確認は必須です。
これは後述する気密工事の確認でも必要です。

さて通気層の確認の次は床下点検です。
<これが第二点目です>

Air断工法は床下から空気を吸い上げています。
なにしろ15~18台の換気扇が動くわけですから
吸気口の確保は大切です。

しかも基礎の床(底版といいます)を這って
地熱を吸収した外気を室内に入れるので
なるべく一階中央部分の床に吸入口を設けます。

この時、大切な確認事項が基礎の表面が
コンクリートか土のままか?です。

望ましいのはコンクリートですが、もし
土のままだと、土中から湿気や臭気を
吸い上げてくる心配があります。

この場合は私たちで開発したASMoSが
威力を発揮します。
(詳しくはお問合せください)

基礎の内部から外気を吸入するので
基礎には開口部が必要です。
もし基礎断熱が施工してある家の場合は
吸入口が必要です。

一階床の中央に開口を作り一階の天井裏まで
必要な空気の道を作ります。
<これが三点目です>

直径15cmのアルミダクトを使用するのが
通常です。
このアルミダクト管の設置場所を検討します。

ちょうど収納庫などがあればいいのですが
無い場合は小さな壁を作る場合もあります。

私たちは、この外気吸入ダクトの中間に
トルネックスという空気清浄機を設置して
清浄な空気を室内に入れる工事をします。

最近の外気はPM2.5や排ガスで汚れて
いるからです。ウイルスや花粉対策としても
有効です。

さて、最後が気密のチェックです。


<これが四点目です>

エア断で断熱リノベ工事をすると驚くほど
冬暖かく夏涼しい暮らしが実現します。

それはエアカーテン効果だからです。

エアカーテン効果を十分発揮させるキモは
気密性の良し悪しにかかっています。

気密が悪い家は穴の開いたストローの
ようなものです。

室内から換気扇で排出する空気をまんべんなく
通気層や天井で設えたエアー層に送り込むには
床や壁、天井の気密バリアーが超重要です。

築年数の古い中古住宅が寒く感じる
最大の理由は床と床下(基礎内)との
気密が悪くすきま風が原因でしょう。

更に屋根面では桁で外部からの明かりが
見えるほど隙間が空いているケースが
多いものです。

これらの隙間を埋めて気密性能を高める
ために気密塗料ATCを開発しました。
(特許出願中)

塗料なので刷毛でもローラーでも吹付でも
施工可能です。
雨漏り対策にも使われている材料です。

住まいの全面を気密性能UPのために
床面や天井面、壁面に塗布します。

こうして中古住宅を高気密・高断熱に
改善していきます。


エア断リノベができるかどうか家を見に
来て欲しい方は下のボタンよりご連絡ください

家を見に来てほしい

訪問前のご相談はオンラインでも可能です

オンライン相談を申し込む

コメント

タイトルとURLをコピーしました