真夏もエア断リノベが真価を発揮

そうなのかエア断

こちらの動画をご覧下さい



夏季、通気層に空気を送り込まない状態と
空気を送り込んだ状態を撮影した動画です


左側の温度計が通気層内部の温度
右側が室内温度となっています

外部から熱を与えると通気層内部は
51.9度まで温度が上昇

この状態でファンを動かすと
通気層の温度は途端に下がり始め
3分後には26.4度まで下がりました
これがエア断リノベの威力です


家を取り囲む通気層の熱を室内に
放出することで室内に伝わる熱を
大幅に遮断するのがエア断リノベの
特徴です

この状態でファンを止めると
再び通気層温度が上昇
5分後には54度まで上昇しました

この芸当は熱の伝わり方を遅らせる
断熱材では不可能

熱そのものを伝わりにくくするのが
エア断リノベ通気層の滞留です
つまり通気層の対流が外部から
伝わる熱を効果的に外へと
押し出しているわけです



こちらのグラフをご覧下さい
こちらは築18年木造議会立て44坪
天井断熱の物件データです


表示されているのは外気温度と
2階屋根裏温度
屋根裏温度は45度まで上がっているのが
わかると思います

屋根裏は夏最も温度が上がり
冬最も温度が下がる場所
弊社が記録したデータでは
新潟で max 56℃を記録した
物件もありました

屋根裏運度が上昇すれば
2階の室内温度も上昇します

屋根裏温度の上昇を抑える
ことができれば冷房費の
削減にもつながりますよね

こちらは2021年2月に完成した
東京モデルハウス
無断熱材の家の同日外部温度と
二階屋根裏温度のデータです



実験棟を議会屋根裏温度と
比較すると一目瞭然ですよね

屋根裏に取り付けた換気扇が
屋根裏の空気を入れ替えることで
屋根裏温度上昇を7℃以上を
抑え込んでいるのがおわかり
いただけると思います

屋根裏温度がなりにくいことは
冷房費削減に大きく貢献します



そして冬季はこの屋根裏換気扇は
動きません

日中太陽光で温められた屋根裏温度を
逃さず活用するようにプログラムされています

断熱材には決して真似できない
熱の遮断を必要に応じて行うのが
Air断です

不要な時には熱を捨てる
必要な時には熱を逃がさない

これがAir断の真骨頂

しかし冷暖房が不要なほど
遮断できるわけではありません

以前扇風機があれば冷房は
不要と言われた方いましたが
やはり冷房は必要だと
判断しています


そして

愛知エア断モデルハウスでの
エアコン冷房実験では
リビング一台で家全体を冷房するより
3台のエアコンで冷房した方が
電気料金は下がりました

また2階の寝室やお子様の部屋などは
プライベート空間
ドアを閉め切ることが多く
エアコン1台だけの冷暖房は
難しいと判断しています

特にエアコンの冷気は
動きにくい
のが特徴
1階リビングで冷房した冷気は
2階まで上がりません

エアコン本体の価格が
安価になってきたことを
考えると1階のエアコンに
プラスして2~3台の
補助エアコンを
つけることをお勧めしています

こちらは愛知エア弾モデルハウス
エアコン1台体制と3台体制の
電気料金比較グラフです

夏も冬も3台で冷暖房したほうが
電気代が安くトータルでは
595円やすくなりました

必ずしもこれが当てはまるとは
言えませんが快適な住環境を作る
目安にしていただければ幸いです

エア断リノベ出来るか家を見にきて欲しい方
は下のボタンよりお申し込みください

家を見に来てほしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました